動画のストリーミング配信に必要なもの

2014年09月25日 | カテゴリー IT, エンタメ 

ストリーミング配信は、別のサーバーに動画データがあり、そこから配信してもらうので動画を受信しながら観る事ができるもので、待ち時間の短縮できます。
再生にあたっては、ストリーミングサーバーを使用するため視聴者のパソコンにデータが残りませんが、アップロードや不正ダウンロードを防ぐことができます。また、大量のアクセスでもスムーズに再生できるというメリットがあり、動画の配信にはもストリーミング配信が適しております。
動画のストリーミング動画配信に必要なものは、次の3つになります。
■エンコーダー
これは、音声や動画のファイルをインターネット上で配信するのに適したサイズになるように圧縮(エンコード)するソフトです。配信方式によって、それぞれ必要なエンコーダーが異なってきます。「Windows Media エンコーダ 9」はマイクロソフト社より無償で提供されています。
■ストリーミングサーバー
エンコードされたファイルを設置し、インターネット上で配信します。
■再生プレーヤー
エンコードされたコンテンツを再生するソフトで、Windows Media Player、Flash Player、Real Player、QuickTimeなどがあります。
ピーピングアイズ

コメント