ペット保険の補償金給付までの流れ

2014年09月09日 | カテゴリー 健康 

ペット保険の保障金の給付には2通りの方法があります。
■治療したことを報告した後に、給付が行われる
この方法は、多くのペット保険・共済取り扱い会社が採用しています。治療後、保障金の申請書をペット保険・共済取り扱い会社へ郵送します。郵送後、ペット保険・共済取り扱い会社が、保障の適応を判断し、保障金が支払われます。
申請すれば、日本全国どの動物病院で治療をしても、保障金給付の対象となります。しかし、給付までに手間と時間を要するため、あらかじめ余裕を持って申請しましょう。
■動物病院で窓口精算を行う
これは、ペット保険・共済取り扱い会社と提携している動物病院で窓口精算を行うものです。
この方法は、自己負担分のみを、治療にかかった動物病院の窓口で支払うことができます。
申請手続きや、急な診察時に全額分の治療費を負担しなくても済むため、とても便利です。
しかし、どこの動物 病院でも利用できる制度ではないため、各自で各ペット保険・共済取り扱い会社と提携している動物病院を事前に確認しておきましょう。
但し、各ペット保険・共済取り扱い会社では、「保障金の給付対象にはならない」病気や怪我・治療を設定しておりますので、これに該当する場合は、給付の対象となりませんので、事前に確認しておくことが必要です。
「フリーペット保険(FPC)」は【愛犬・愛猫】のためのペット保険です。

コメント