クレジットカード審査のスコアリングシステム

2012年12月31日 | カテゴリー 生活, 金融 

クレジットカードは、審査に通らなければ発行されないものです。
審査の段階で断られれば、その人はクレジットカードの発行はされません。
申込みのあった顧客をスコアリングシステムという仕組みで判断することで、金融会社は審査を行います。

では、スコアリングシステムの内容とは、どういったものなのでしょう。
独自の基準によって、顧客の勤続年数や年齢、性別、家族の内訳などを数字にします。
信用情報会社に照会することで、過去のキャッシング利用歴、現時点でのローン利用状況など、お金に関する情報も確認します。
これらはコンピューターに入力され、自動計算が行われます。
例えば、居住については自分の家を持っている人が最も点数が高く、その次から家族の持つ家、社宅、アパート、マンションの順になります。

クレジットカードを発行できるほどの信用力があるかを知るために、細目ごとの点数を出してそれらを足します。
合計数値がどのランクに該当するかによって利用限度額が決定され、クレジットカードが作れるかも決定するといいます。
点数づけも、計算も、いずれも機械でできることがスコアリングシステムの長所です。
審査においては、クレジットカードが発行できうる人物かをきちんとチェックされているのです。
エコカー 費用

コメント